ABOUT

Polkaros is a lifestyle brand that combines influences from Japanese traditional crafts with modern zakka goods. We value the process of developing products with our hands and paying attention to details. We hope that Polkaros products can bring colors, joy and playfulness in your daily life.  

 

Polkarosは日本の伝統工芸から受けるインスピレーションを、現代的な雑貨小物と掛け合わせたライフスタイルブランドです。私たちはプロダクトひとつひとつに丁寧な手仕事を採りいれること、そしてディテールにこだわることを大事に考えています。Polkarosのアイテムが、みなさまの日々の暮らしに彩り、喜び、そして遊び心をもたらす存在であることを願っています。

 

 

 

ABOUT THE DESIGNER

Ros Lee is a Tokyo-based, Singapore-born design consultant of New York-based brand and artist with a passion for creating everyday objects with a colorful, humorous twist.

From an early age, Ros was fascinated by art and design, and has a special penchant for pottery, and picked up the first skills from her own father. Her family ran a Clayart business, so after school and weekend activity included playing with clay and the wheel, making pottery in all shapes and forms, coloring them in any colors that she dreamt of. Formally trained in Graphic Design, Ros launched “Clayworkers”, a modern day pottery studio straight after graduation. The studio aimed at making the art form more accessible to young people, Ros enjoyed defining the concept, the Corporate ID, the decor and the music of the studio. Ros's love for Art propelled her to seek out opportunities to showcase her art wherever it takes her, and in 2002 traveled to Tokyo to take part in Design Festa, fell in love with the city, and set her mind to make it her base camp.

2005 was the first big break in Ros's career as an artist when she was selected amongst thousands of budding artists in a National Arts Council Takashimaya Scholarship Program to study Art and Design in Japan.

Without a doubt, Ros packed her bags and headed for the land of the rising sun, without speaking of word of Japanese. After a challenging first year of intensive course in Japanese, Ros enrolled in Joshibi Universitiy of Art and Design in 2006 where she majored in textile design. As a student she kept active in the art community, participating in gallery showings in Tokyo, doing side projects that kept her creative juices flowing.

Upon completion of her degree, she landed a job as a Lifestyle Product Designer at Accent Corporation, an interior goods and lifestyle product company in Tokyo. She created her own line of products under the brand name GLEE, which as its name suggests, was to delight and bring joy to its users.

Ros decided to strike out on her own and in 2011 she began working as a Design Consultant for International brands and officially launched her own brand "Polkaros".

プロフィール

ロス・リーはニューヨークブランドのデザインコンサルタントとして働く傍ら、東京を拠点に活動するシンガポール出身のアーティストです。カラフルでユーモアを交えた生活雑貨を創造することに熱意を注いでいます。

幼少期からアートやデザインに魅了されたロスは陶芸に特別な興味を抱き、最初の陶芸のスキルを実父より学びました。実家がクレイアートの会社を経営していたため、放課後や週末に粘度やろくろで遊ぶことは彼女にとって自然なことであり、頭の中で描く好きな形や色を陶芸作品に反映して楽しんでいました。Temasek Polytechnic School of Designにてグラフィックデザインを習得したロスは、卒業後すぐにあたらしいタイプの陶芸スタジオ「Clayworkers」をオープン。若い人たちにとってのアートをより身近なものにすることを目的にしたスタジオを運営する中、スタジオのコンセプトやCIを明確にすることや、空間演出を考えることなどを経験しました。
ロスのアートに対する強い思いは、自身の作品を発表できる場所と機会を探る気持ちを駆り立て、そして2002年には東京のデザインフェスタに参加するための来日が実現。すっかり東京に魅了されたロスは、この街を活動拠点とすることを目指すようになります。

2005年、日本でアート・デザインを学ぶための国の奨学制度に何千人もの若いアーティストの中から選ばれたことが、ロスのアーティストとしての経歴の最初の大きな転機となりました。

日本語をひと言も話せないまま、一瞬の迷いも無くロスは荷物をまとめ"日出づる国"を目指したのです。努力に満ちた日本語集中コースの一年を経て、2006年、女子美術大学のテキスタイル学科へ入学。在学中は都内のギャラリーや展示の数々に通いながらアートコミュニティとのつながりを深め、サイドプロジェクトにも積極的に取り組み、創造力を養い続けました。

女子美術大学を卒業後、都内のインテリアやライフスタイル雑貨を扱うACCENT CORPORATIONにプロダクトデザイナーとして就職。GLEEという名の自身のオリジナルブランドのもと、「歓喜」という意味のあるブランドネームが示す通り、消費者に喜びや楽しみを与えるプロダクトラインを考案しました。

2011年、ロスはさらなるステップアップを目指し独立。世界的なブランドのデザインコンサルタントとしてのキャリアをスタートさせると同時に、自身のオリジナルブランド"Polkaros"を正式に立ち上げました。